So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
アントルメ ブログトップ
前の10件 | -

ラズベリーバタークリームのサンセバスチャン [アントルメ]

サンセバスチャン
王道はチョコレートのバターケーキとプレーンバターケーキを組み合わせたものですが
切った断面が市松模様になっていれば、それはきっとサンセバスチャンなので
味のというか、色の組み合わせは自分で考えていろいろアレンジできると思います。

初夏をイメージしてさわやかな感じで、色も可愛らしく
と思ってラズベリー生地とラズベリーバタークリームの組合せにしました。
IMG_3721.JPG
ピンク色だけだと、あまりにもシックさが足りない ということで
ホワイトチョコガナッシュとホワイトチョコをデコに使用。

こんな感じで、大まかなものをイメージし、後は細部を足していく感じで
レシピを作っていきます。
自分で食べたいなぁ~というものをイメージし、それを落としこんでいけば
きっと自分好みのレシピができるはず。ぜひ挑戦してみてください。

カット
IMG_3724.JPG
丸ごとオレンジゼリーも作りました。
見た目も味も爽やかです。

2種類お菓子があると楽しいお茶の時間を過ごせると思います。
皆さんで楽しんでください!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

グレープフルーツとヨーグルトのケーキ [アントルメ]

夏に作って食べたくなるようなケーキを目指して
グレープフルーツムースとヨーグルトムースの組み合わせ。
IMG_3535.JPG
加熱作業がなるべく少ない作り方で。
IMG_3539.JPG
グレープフルーツの酸味が全体を引き締め、
ヨーグルトの風味が爽やかさをだしています。
上段がグレープフルーツムース
下段がヨーグルトムースになっています。

ホワイトグレープフルーツを使ったので、余計ですが
色が全体単調な感じなので、回りの生地にもう一工夫してみよう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバスチャン [アントルメ]

普通のケーキかと思いきや、切ってみるとチェック柄が現れるという
”サンセバスチャン”
スペイン サンセバスチャンの石畳をイメージして作られたケーキと言われていますが、
他の国では見たことないので、
日本で考案された、サンセバスチャンをイメージしたケーキなのでしょうか?
IMG_3372.JPG
2種類の生地を作り、専用の型紙か抜型を使って、組み立てていくのが普通ですが
工作好きとしてはそこを工夫(というほどでもないか)して、家にあるものを
利用して作ってみました。
IMG_3377.JPG
ラズベリー風味の生地に洋酒入りのシロップをたっぷりうって、
ラズベリーバタークリームを塗りました。
白い部分はホワイトチョコガナッシュ。

生地は基本的にバターケーキなのですが、
重さを感じさせないよう、ふんわりとした感じになるようにしました。
全体甘酸っぱくて、コクもあるけど、食べやすいケーキに仕上がりました。
味の方向性はこれで良し。後はいつものごとく、デコをもう少し考えよう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ショコラゆずシャルロット [アントルメ]

年の瀬になり何かと気ぜわしい日々を皆さまお過ごしのことと思います。
今年は年賀状は早めに着手し、
年末にやることが目白押しにならないようにしたのですが、
結局いろいろとやることがあり、
2月のお菓子教室ケーキの試作が後に、後に回り、
今日やっと完成させました。

ショコラゆずシャルロット
IMG_2908.JPG
ショコラシャルロットにミルクチョコレートのムース ゆず風味のエアリーなババロア
チョコレートグラサージュ と言う構成になっています。

クリスマスケーキの感じとはまるで印象の違う、柔らかで、ミルキーな味です。

カット
IMG_2911.JPG
他にもいろいろな味の組み合わせを試してみたのですが、
最終的にこちらになりました。

ミルキーなチョコレート風味の中に、ふわっとゆずが香る
エレガントなケーキです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

紅茶 [アントルメ]

7月にお菓子教室で行った ”抹茶”の紅茶版を作ってみました。
どういう味になるかわからないから、ミニバージョンで。
IMG_2045.JPG
想像とそう変わらない味で、ミルクティー味という感じでした。
IMG_2049.JPG
これも悪くない味でしたが、抹茶の方が、生地、ムース部分の
味のバランスが良く、しっくりくる感じでした。

コーヒー味も美味しいかも?
また生クリームがあまった時にでも覚えていたら作ってみましょう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

洋梨のシャルロット [アントルメ]

久しぶりに洋梨のシャルロットを作りました。
洋梨風味のババロア生地と、軽い食感のシャルロット生地の組合せ
想像以上にさわやかですが、後味生クリームのコクも感じられます。
IMG_1925.JPG
自分のレシピで作りましたが、シャルロット生地の高さが高すぎました・・
本当は洋梨のリキュールを入れると、もっとすっきり大人味になりますが、
今回はなかったので入れませんでした。
が、これはこれで洋梨の風味が生きてきて良かった。
IMG_1927.JPG
全体ふんわりで、濃いお菓子はちょっと・・という時でも
すんなり食べられるケーキです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

バナナと杏 [アントルメ]

バナナ味のクリームのケーキを作りたいと思い
ちょっとひらめいたケーキを作ってみました。
IMG_1790.JPG
アーモンドプードル中心のリッチな生地をバナナバタークリームと合わせて
パイナップルとバナナをサンド
IMG_1822.JPG
表面のジュレにはラム酒とオレンジピールを入れました。
見た目きれいだったのだけど、味がバラバラ・・

ラム酒はバナナの風味と合っていたので、これはラムレーズンが合うかも
と思い、作ってみたのがこれ
IMG_1851.JPG
中身はバナナのみ
IMG_1854.JPG
一人で何切れも食べるほど、姪2受けは良かった。
でもバナナだけだと、ちょっと単調なんだよねぇ。
そしてラムレーズンもいきなりでてきた感じがするかも。

最終版
バナナと杏
IMG_1897.JPG
バナナバタークリームは美味しく出来たので、それはそのまま生かし
バナナと杏をサンド
上に絞ったバタークリームにはカラメルを入れて色をつけています。
カット
IMG_1902.JPG
全体の味もまとまったかも。
まったりバナナクリームに、フレッシュなバナナと、さわやかな杏
リッチでしっとり生地の組み合わせで私は好きな味です。

この3台連続して作った訳ではなく、日にちをあけて、作りました。
ひらめいたものを作った時に、
ひらめいた味通りに出来ることもあるし(ほとんどないけど)
このように調整を繰り返しながら、これだ!と思えるものになる事もあるし、
全く没になることもあります。(これが多い・・)

個人店のケーキ屋さんだと、新作作るの大変なんだろうなぁと
(思い通りに出来れば、そんなに大変じゃないのかも)
ショーケース越しにケーキを見ると、どれを買おうかなぁと考える前に
ケーキの裏の様々な事情など考えてしまいます・・

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

メルヴェイユ 再び [アントルメ]

先日作ったメルヴェイユ
もう一歩というか、何かかが違うと感じていて、
前回作った作り方とは全く違うやり方で作りました。
IMG_1594.JPG
大分良い感じに仕上がってきました。
もう少し味にインパクトがあっても良いかなぁ。
どこかのパーツをもっと強調させる作りにしてみよう。
IMG_1596.JPG
カット
IMG_1598.JPG
だんだん気温があがってきたので、
濃いチョコレート系があまり美味しく感じられなくなってきましたが、
寒い時期に食べるのなら、もう少しカカオ分をあげても良いのかなぁ。
ゴールは見えたので、後はパーツごとの見直しをしてみよう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

メルヴェイユ [アントルメ]

メルヴェイユ
私が名付けたのではなく、パティスリーリョーコで販売していたもの。
素晴らしいとか驚嘆するもの とかいう意味らしい。
IMG_1369.JPG
頭の良い人や、おぉーこの人は!と思う人は沢山見てきましたが、
長い人生の中で天才と思える人を見たのはわずか。
このリョーコさんは努力とか研鑽とかももちろんしたのでしょうが、
他の人には越えられない、お菓子作りに対する才能があると私は思います。
上から目線ですが・・

ここのケーキはパーツの味もしっかりしているけれど、その組み合わせ方も絶妙。
そして、どう考えてもどうやって作っているのかわからないものも多々あって
一時従業員を募集していたときに、本気で応募しようかと思ったくらいです。

私は酸っぱいものとチョコレートの組み合わせが嫌いなので
長い間避けていたチョコレートムースとラズベリークリームの組み合わせ
メルヴェイユを食べた時にその美味しさにびっくり
作ってみたい!と思って、何度か試作を重ねています。
その出来はというと
だいぶ良い線まで行ったのですが、もう一歩 大事な何かが欠けているという感じ
IMG_1370.JPG
もう一度食べて確認をしたいのですが、
いまは予約販売になってしまい、また職場もちょっと離れてしまったので
買いに行く機会がなくなってしまいました。
以前は近くだったので、ちょこっと買ってお昼に食べるとかが出来たのですが・・

回し物でもなんでもありませんが、どのケーキもうーんという深い味わいがあり、
どうやって作っているのかなぁととっても気になるのです。
こういうケーキを食べると、創作意欲が沸くと同時に
自分の才能のなさを感じたりします。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

フランクフルタークランツ [アントルメ]

世界のお菓子シリーズ
ドイツのケーキ
フランクフルタークランツです。
クグロフ型で焼いてみました。
IMG_1239.JPG
軽い生地に、バタークリームとラズベリージャムを塗り、
アーモンドのクロッカンをたっぷりつけます。
ドイツ菓子の本を見て美味しそうだなぁと思い、
最初半分量で自分なりにアレンジしたものを作りました。
そして改良を加えて、クグロフ型1台分の高さになるようにもう一度作りました。
IMG_1245.JPG
クロッカンとバタークリームは濃厚ですが、生地の軽さとラズベリージャムの爽やかさで
パクパク食べられます。想像以上に美味しく仕上がった!
バタークリームが口の中でゆっくりと溶けていく中で
スポンジの卵感とクロッカンの香ばしさがおってきます。

さすが古典菓子、クロッカン、バタークリーム、ラズベリージャム、軽い生地の組合せは
絶妙です。
1度めの試作と2度めの試作の時にたまたま居合わせた甥2が両方食べたのですが、
「1回目のものと2回目のものが同じケーキだとは思えない。」と言っていました。
そう?そんなに差はないと私は思いましたが、技術は日々進化するのだよ・・
IMG_1247.JPG
お茶とあわせてゆっくり食べると至福の時を過ごせます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - アントルメ ブログトップ