So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
パイ菓子 ブログトップ
前の10件 | -

クランブルアップルパイ [パイ菓子]

仏壇に定期的にあげるため美味しくても美味しくなくても、家には1年中りんごがある。
いつもはそのまま食べたり、コンポートにしたり、鳥が食べたり!
とあまり手はかけませんが
姪2がアップルパイが食べたいという。
それならば、手間はかかるけど作りましょう
と 親切な伯母は姪2に恩を着せつつ作りました。
冷凍庫に1台分あった
杏のクラフティの生地を流用すれば簡単 ということはもちろん秘密です。
IMG_3554.JPG
何となく分量のメモはあったものの、作り方を書いていなかったので、
この材料はどこで使うのだろう?というものあり。
まぁ、お家おやつなので、手元にない材料は省き、仕上げました。

りんごの季節ではないので、今一つ風味に欠けますが、雰囲気はでたかな。
りんごはやけにしっとりですが、クランブルと生地はサクサクにしあがりました。
IMG_3556.JPG
シナモンの香りがアメリカを感じさせます。
私の中ではシナモンの香り=アメリカ なのです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

さつま芋パイ [パイ菓子]

冷凍庫にあったパイ生地(大分前の・・)
スイートポテトというか、もっとさつま芋っぽい感じのフィリングを入れて
マフィン型で焼きました。
IMG_3093.JPG
高さがある分、さつま芋の水分があまり飛ばず、
どっしりとした仕上がりになってしまった。

見た目は可愛いけど、
高さのあるパイ菓子は水分の少ないフィリングの方が良いとわかりました。
IMG_3101.JPG

”パイ”という概念を外して、スイートポテトを食べていると思えば、
それなりに満足のいく味。
IMG_3103.JPG
これで本当に今季のパイ菓子作成も終わりです。
寒くて乾燥している気候は、多くのお菓子作りにむいているのですが
それでもやっぱり暑い時の方が好き。
1年の半分くらい夏でも良いと思っています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アップルパイ [パイ菓子]

年末からバター購入制限があり、1月のお菓子教室でパイ菓子を作るのに
バターがないと大変!と思い、せっせと買い集めたバター。
かなり余り、2月はバターを使わないので、もう一度パイを折ってみました。

普通の丸いアップルパイ
IMG_2593.JPG
丸い形で焼くと、最初に食べる部分はリンゴが多く、パイ少な目でリンゴの味を楽しめる。
食べすすめていくうちにパイ皮が多くなり、パイの美味しさを堪能して終わる
という変化を楽しめますね。
IMG_2596.JPG
丸いアップルパイ
焼きたても、少し時間がたってしんなりしてきたものも美味しいと思う。

丸い形で作ると、どうしてもあまり生地がでるので、砂糖をまぶしてアリュメットにしました。
IMG_2591.JPG
カリカリさくさく素朴でわかりやすい味。
アップルパイよりこちらの方が人気が高かったりします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ショーソン・オ・ポム [パイ菓子]

お菓子教室でパイ生地の作り方、最初の部分だけデモしたもので
折り込みパイ生地を完成させ、せっかくなので、ショーソン・オ・ポムにしました。
お菓子教室で使ったパイ生地1回分で、8個から10個くらい作れます。
IMG_2821.JPG
砂糖をちょっとキャラメリゼして、
バターを落とした中にリンゴを入れて煮たものをフィリングにして。
IMG_2817.JPG

味は皆さんの想像通りです。
アップルパイよりも食べる時のパイ生地分量が多いからか、濃厚な味わい。
IMG_2823.JPG
サクサクパイとキャラメルでコクをつけたリンゴ煮の組みわせでとっても美味しいのですが
結構なボリュームがあるので、おやつというより、
昼間の食事の一部として組み合わせた方が体のためかな?と思いました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

チェリーパイ [パイ菓子]

パイ生地を伸ばして楕円形に切り抜き、
チェリーの缶詰にコーンスターチを入れてとろみをつけたものを入れて焼き上げました。
IMG_2915.JPG
2月のチョコレートシャルロット
最初チェリーを入れようと思い、試作したのですが、全く想像通りの味にならず・・
チェリーと合わせるものは味の濃いものでないとダメなんだなぁという気づきあり。
あまりチェリー冷凍しておいたもの使いました。
IMG_2919.JPG
チェリーパイもなかなか美味しいけど、もうひと味なにか、シナモンとか
柑橘系のピールとか入れたほうが味がしまったかなぁ。
「これくらい普通の味で良い」
との意見もありました。
パイ菓子 何はともあれ、焼き立てはそれだけで美味しいので、
あっというまになくなりました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アメリカンクランブルアップルパイ [パイ菓子]

アメリカンクランブルアップルパイ 
という名前はもしかしたら巷にはないのかもしれませんが・・
なぜこの名前かというと、
ザ・シティベーカリーにある「アップルパイ」 を目指して作っているので
わかりやすいよう、アメリカンクランブルアップルパイとしています。
最近やっとあの味に近づいてきたかも。
IMG_2808.JPG
多くのクランブルアップルパイのレシピは
生のリンゴに粉や砂糖などをまぶして、パイに詰めて焼いていますが、
それだと私が目指している物とは全く別物の仕上がりに・・
集中して本物を食べて、味の分析をするしかない、
と一口ずつ分解し、いろいろな角度から食べてみました。
そして食後作り方を全く今までと変えてみました。

多分これだ!という線にたどりつきました。

リンゴは全く生ではないけど、フレッシュさも残っている。
が、味は全体にしっかりとついている。
リンゴの水分が出て全体がしっとりということはない。
パイはサクサクである。
クランブルはもちろんサクサクでリンゴフィリングとある程度なじんでいる。
IMG_2810.JPG
上記は満たしました。
あまり続けて作っても、微妙な違いがわからなくなるので、
もう少し間を開けて、作ってみよう。

ミルクレープも普通にクレープ生地とカスタードクリームを
重ねていくレシピが大多数ですが
それだと市販品のような柔らかなミルクレープにはならないんですよねぇ。
何でも突き詰めて行くと、突然何かが見えてくることがある。

アメリカンクランブルアップルパイが好きなのか?
と聞かれても、よくわからない・・好き嫌いとは別次元で作っています。
nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

アップルパイ [パイ菓子]

リンゴが豊富にあるうちに作りましょう
ということでアリュメットアップルパイを作りました。
IMG_2582.JPG
パイ生地対リンゴ煮のコンポートを考えずに作ったので、リンゴ煮がちょっと多かった。
無理やり詰めて焼き上げました。

いろいろ考えなくても
特別な味付けをしなくても、それなりに美味しく仕上がるのがアップルパイの良いところ。
IMG_2583.JPG
リンゴの甘酸っぱさとバターの風味ってなんでこんなに相性良いのでしょう。
粗熱がとれた一番おいしい時に皆で食べました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

タルトタタン [パイ菓子]

お菓子作りに適したリンゴは”紅玉”とよく言われますが、
私はあの柔らかく煮崩れる感じが嫌で、フジ系を好んで使っていました。
でも「シャンドワゾー」のタルトポムを食べてその味に感動。
この味はきっと紅玉を使ってしかだせないものに違いない
と思い、全く仕様は違いますが、紅玉を使ったタルトタタンを作りました。
IMG_2601.JPG
味つけの感じは間違っていないはず ですが、カラメルが薄すぎた。
そして、18㎝型で作ろうと思っていたら、底抜けしないタイプの型は21㎝だった!
そこで、15㎝型に無理やり詰め込んで焼いた結果、よれっとした仕上がりに。
IMG_2604.JPG
最後に残る、リンゴのかすかな酸味 
私は好きな味ですが、生クリームやアイスクリームを添えると酸味が中和され、
また違った味わいも楽しめます。
今度は全体茶色くなるくらい、濃いカラメルを使って、良く火を通した
タルトタタンを作ってみよう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

栗パイ [パイ菓子]

苦労して作った渋皮煮、何にしようかなぁと一応考えますが、
作るのは毎年大体同じものです。

栗パイ
IMG_2515.JPG
パイ生地は時間のある時に作って冷凍しておき、
アーモンドクリームはパイを焼く前日に作っておけば、
作る当日はほんの少しの手間で出来上がります。
IMG_2517.JPG
渋皮煮が大きいので全体かなりの大きさになります。
昼間これを1個食べると全く夜までお腹がすかない、
場合によっては夕飯もあまり食べられない という
とっても腹持ちの良い(=カロリーの高い)パイ菓子です。

カット
IMG_2519.JPG
サクサクのパイ バターの香りのするアーモンドクリーム しっとり渋皮煮
合わせて食べるとお互いがお互いの良いところを引き出す感じです。
栗のお菓子は全体ふんわりより、栗とはちょっと違う歯ごたえのものを
組み合わせた方が栗の存在感が大きくなって、味わいも深くなりますね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アメリカンクランブルアップルパイと一日一善 [パイ菓子]

クランブルアップルパイ 
今まで何回も作っていますが、この前 シティベーカリーで食べたアップルパイが
予想以上に美味しかったので、それを真似て作ってみました。
IMG_1633.JPG
焼く前にリンゴにほんの少し火を通しておくと、良い感じに仕上がります。
IMG_1636.JPG
この時期のリンゴなので、風味は足りないのですが、オーソドックスな味なので
1歳から70代までめずらしく、皆食べたお菓子でした。

先週 姪3を幼稚園に送っていった後、家に戻ってきた妹が
「今日お弁当の日だった。何か作って持っていって。」と
私に言ったのが7時40分過ぎ。そのまま妹はいなくなり、
私も8時には家を出なければいけないので、そのまま無視して出かけるか
とも思いましたが、「あの時お弁当がなかったから辛い思いをした。」と
姪3から言われても嫌なので、まず考えたのが、コンビニで何か買って詰め直すという事。
しかし幸か不幸か、家の徒歩圏内にはコンビニがなかった!
仕方ないので、いつもは1割の意識で暮らしているところ、1.5割くらいに上げて、
レンジ、鍋、フライパンフル活用で、10分くらいで仕上げました。
子供用お弁当箱などないので、OL弁当以上、工事現場弁当未満 
くらいのタッパーに詰めて。
わかめごはん、ウインナーケチャップ炒め、簡単ココットマヨネーズソース添え
さつま芋甘辛煮、にんじん塩ゆで
と多少塩分が多かったものの、PFCバランスはばっちりだったと思います。

そして、何か果物も持たせて ということでしたが、生の果物がなかったので
黄桃缶を開けて、小さめタッパーに入れたところ、かなりスペースがあったので
黄桃缶2切れと、ナタデココも入れました!

かなりの重量のお弁当をぶら下げて、幼稚園の先生に
「ホカホカ弁当持ってきました。」と手渡し、8時には駅に向かうことが出来ました。
私ってもしかしてやれば出来る人なのかもしれない。

超時短、簡単弁当でしたが、美味しかったので、完食したとのこと。
苦労して作ったものが良いとは限らないのが、世の中の厳しいところです・・

いろいろ頑張っている私の行いはきっと誰かが見ていて、
誕生日やクリスマスには豪華なプレゼントが来るに違いないと思っています!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - パイ菓子 ブログトップ