So-net無料ブログ作成

栗渋皮煮 栗まんじゅう [和菓子]

今年は作らないつもりでいた栗の渋皮煮
でも、やっぱり少し作ろうかなぁと思いたち、作り始めたのが夕方だったため
かなり遅い時間までかかって、シロップに漬けるところまで終えました。
母さんが夜なべをして~ がバックミュージックに流れていました・・

次の日シロップを煮詰めて糖度をあげ、完成したのがこちら。
IMG_2395.JPG

今年は初の挑戦で、栗まんじゅうを作ってみました。
渋皮煮が入った栗まんじゅう見たことはありませんが、まぁ大丈夫でしょう。
栗まんじゅうの皮、とってもべたつきます。和菓子のやっかいな所というか
大変な所の一つが”べたつき”ですが、餅菓子系ではないのにべたつくとは!
渋皮煮に、白あんをまとわせ、薄く伸ばした皮で包んでオーブンで焼きます。
IMG_2438.JPG
焼き立ては皮がパリッとしていますが、1日たつと皮しっとり、
普通の栗まんじゅうの皮になりました。
IMG_2442.JPG
配合は適当にいろいろなレシピを寄せ集めて決めたので、配合割合ミスだったかなぁ
と思いましたが、時間の経過も必要だったみたいです。

カット
IMG_2443.JPG
栗が大きいので、ほぼ栗ですが、これはこれでバランス良かった。
渋皮煮栗まんじゅうもありじゃないかと思いました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

おはぎとわらび餅 [和菓子]

季節ものなので、今日おはぎを作りました。
IMG_2400.JPG
もち米の水加減いつも迷いますが、今回はまぁ普通の硬さに炊けました!
あんこは富沢商店のものを使っています。
他のメーカーのものは美味しいと思ったことありませんが、
富沢商店のものは美味しいと思います。こしあん自分で作るのはとっても大変だし。
IMG_2403.JPG
お米とあんこの割合は同割です。
このくらいの割合が甘さ的にも丁度良い。
IMG_2406.JPG
全体も良い加減にできました。

そして、おはぎは食べない という人もいて
わらび餅も作りました。
IMG_2271.JPG
信玄餅とか、黒砂糖風味のくにゅくにゅ系は好きらしいです。
IMG_2273.JPG
これも主成分はでんぷんなので、軽いようで結構お腹にたまります。

和菓子、全く究めてませんが、自分で作ると甘さや大きさ自分好みに出来て
自分では美味しいと思うものが作れます。
この味が世間で通用するのかどうかはわかりませんが・・
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カステラ [和菓子]

たまに思い出したように、作ってみるカステラ。
味は大体カステラなのですが、あのジュワーっとした感じがなかなかでない。
材料の配合が違うのか、生地の焼き加減の見極めが間違っているのか・・
IMG_0759.JPG
かなり糖分を入れていますが、市販のものよりあっさりめに仕上がるのですよ。
こういう材料に凝っていないものが食べやすいと家では好評ですが・・
IMG_0761.JPG
カステラ1回作ると沢山出来てしまうのが難点です。
小さな型でも作った事ありますが、ふわふわの仕上がりになってしまいます。
ということは、もっと大きな型で焼けば、ジュワッとした焼き上がりになるのでしょうか?

牛の目クッキー
IMG_1179.JPG
普通のクッキー生地の上にナッツ入りのメレンゲを絞り、杏ジャムを塗って焼きました。
ちょっとした手間をかけるだけでおしゃれクッキーになります。
ただメレンゲが湿気やすいので、寒い時期向きかな。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

柏餅 [和菓子]

巷でちらほら柏餅を見かけるようになったので、
柏葉を買ってきて、柏餅を作りました。
IMG_1586.JPG
本来の作り方は、蒸し器で蒸して、こねて、もんで、成形、もう一度蒸して
というのが一般的みたいですが、餅系を作るときはなるべく使う器具を少なくして、
餅がベタベタとつくところを最小限にしようという事で、レンジレシピを採用。
加熱が終わった熱々の餅をもんで弾力性をだすのですが、去年まではとっても熱くて
なかなか苦労したのですが、今年は何と素手で楽々出来るようになりました。
手先の神経感度が年々落ちているのか?

餅部分も、あんこも これくらいかなぁと思って作り合体させたら、
とっても大きいものが出来ました。
1個食べると、その後のごはんに響くくらいです。
IMG_1589.JPG
こし餡とみそ餡の2種類です。

みそ餡は白あんに西京みそを2割ほど入れて良く混ぜ、
レンジにかけて水分を飛ばしたもの。これがなかなか良い味に出来た。
IMG_1592.JPG
餅部分、加熱途中混ぜるときや、こねる時はとっても硬いのですが、
仕上がりはちょっと柔らかめになってしまいました。
といっても市販の物よりは歯ごたえあります。
そして今回は食べごたえも十分だったので、満足です。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

黒糖蒸しパン [和菓子]

去年まではあまり深く考えず、お菓子の材料使う分より多めに購入していましたが、
今年はその月できっかりと使い切れるよう考えて購入するように心がけています。
なので、もしお菓子教室に気になる課題が出ましたら、
その月に受けられることお勧めします。

黒砂糖が少しあったので、黒砂糖を入れたスポンジ生地を作り、
牛乳を適当に注いで蒸しパンにしました。
IMG_1459.JPG
これはこれでありなんですが、がんづきのような
濃厚な蒸しパンにするにはどうすれば良いのでしょうか?
シンプルな材料、作り方のお菓子ほど、いろいろ難しい。
IMG_1461.JPG

ちょっと前、3日間くらい具合が悪く、どんなに具合が悪くても1日で治るのに
これは不治の病かもしれないと思ったのですが、すっかり回復しました。

熱もなく(計ったら35度台だった・・)美味しくも感じないけど普通にご飯も食べられる
という感じだったのですが、体重が2キロくらい減りびっくり。
間食をしないとこんなに体重が下がるのか!
血行が悪いのかもしれないと銭湯に行ったら、
余計具合悪くなり、とぼとぼと帰ってきたという日もあり。
もう一日具合が悪かったら精密検査を受けに行こう
(と言う前に、病院にも行っていないし、薬も飲んでないのですが)
と思っていたら、その次の日くらいから、良くなりました。

原因?風邪だったかも・・咳、鼻水、胃の重さ 冷静に考えればそうですね。
乾布摩擦とかして、体をもっと鍛えないと と本当に思った回復後でした。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

桜のお菓子 [和菓子]

桜の葉 なぜか冷凍庫で発見をしました。
何かと間違えて冷凍庫に入れてしまったみたいです。

1回冷凍した桜葉は普通に使えるのだろうか?と思いながら、
早く使ってしまった方が良いかなぁと思い、桜菓子2種作りました。

桜餅
IMG_1510.JPG
全くの自己流の作り方ですが、短時間で沢山、そして同じような大きさに!
出来るようになりました。
IMG_1511.JPG
なんでも繰り返しが大事です・・

桜の葉と甘納豆を入れたビスコッティ
IMG_1519.JPG
甘納豆は社長の家のおばあさんお手伝いさんにいただいたものです。
他にアンドーナツも良く買ってきてくれます。
セレクトが渋すぎる などとは言わずありがたくもらっています。

冷凍した桜の葉、見た目も味も問題なかった。
一度塩漬けにしてあるので、温度変化には強いのでしょうか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

うぐいす餅 [和菓子]

午前お菓子教室
午後お久しぶりのSさんとお菓子教室行いました。
なんと3年ぶりのお菓子教室だったようです。
前回がつい昨日のような気がしましたが・・
時の経つのの早いこと、怖いわぁ。

ザッハトルテ
とっても沢山作った気がします。
今日は力尽きて写真なし。

そして和菓子の気分だったので、2月が季節の
うぐいす餅を作りました。
IMG_1233.JPG
求肥はレンジでお手軽に作っています。
以前本格的なレシピを参考にして鍋で作ったところ、
もうそれは大変な騒ぎになったので、
なるべく餅がつく箇所を少なくするという意味でも
ボウル一つで済むレシピを参考にしました。
出来立て柔らかく、青大豆の独特の香りもたって、早春を感じられます。
IMG_1235.JPG
お茶を飲むときにちょっと甘いものがあるとホッと和めますよね。
柔らか餅系のお菓子は皆好きなので、あっという間になくなりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

苺大福 [和菓子]

クリスマスケーキを作るころに来るかなぁと思って、
11月末位に頼んでいたふるさと納税の苺。
年をまたいでやってきました。それも沢山

姪2が苺大福を買いたいと言った時、「伯母が作ってくれると言っていた。」
と妹が言ったそうなのですが、私がただ単に忘れているだけだったのか、
全くそんな記憶ないんですけど・・
苺沢山あるし、優しい伯母は苺大福を作りました。
皮はなんちゃってお手軽バージョンで。
IMG_1135.JPG
苺が大きいので全体巨大化しています。
あんこは一つあたり、大体50gくらい入ってしまったので、
大きめあんパンのあんこ量位あります。

白あんバージョン
IMG_1137.JPG
カット
IMG_1138.JPG
苺だけしかないように見えますが、白あんたっぷり入っています。
とっても食べ応えのある苺大福でした。

苺大福の皮は本当は求肥生地が合っていると思うのですが、
今回は早く食べてしまわないと、時間経過と共に固くなるレンジ皮です。

大福レンジバージョン
切り餅2個 砂糖大さじ2~3(砂糖を多めに入れたほうが固くなりにくい)
1切り餅を耐熱容器に入れて、餅が隠れるくらい水を入れて、
 時々様子を見ながら餅に火が通るまで(柔らかくなるまで)レンジで加熱する。
2水を大さじ2くらい残して捨て、砂糖を入れて全体をゴムベラで混ぜる。ムラがないようにひとま とまりになるまで力強く混ぜる。
3片栗粉を敷いたお皿に取り、好みの個数に分けて、あんこなどを包む。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

桜餅 [和菓子]

桜パウンドを作るために買った桜葉が手元にあったので、
桜餅を作りました。
IMG_1013.JPG
白あんバージョン2個と残りはこしあん
IMG_1016.JPG
皮は適当に作っていますが、作ってすぐに食べてしまう分には問題ないかと・・
時間がたつと 固くなる のかもしれませんが。

お茶を入れて食べてみましょう。
IMG_1018.JPG
市販品のお菓子を買ってみて、美味しいな と思ったものは
もう一度買って、分解することもあります。
たとえば桜餅だったら、皮の長さ、幅、あんこの重さなどを量って、
自分で作るときにそれを真似すれば、良い感じに仕上がるのです。
IMG_1020.JPG
あんの大きさに対して、皮の長さが長すぎず、短すぎず、多すぎず、少なすぎず
というのが理想かと思われますが、
作る人も食べる人も神経質な人はいないので、
細かい気づかいは必要ないのですが、、
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鏡開き [和菓子]

神仏に供えていた鏡餅をおろしていただくという
鏡開きの1月11日 お汁粉をいただきました。

以前大納言でお汁粉を作った時に 
「小豆が大きすぎてお汁粉という感じがしない。」
という意見が小市民よりありましたので、今回は普通の小豆で作りました。
IMG_0937.JPG
小豆の皮が、小豆らしさを感じさせるのでしょうか。
小豆は小さくても大きくても、コトコト時間をかけてじっくりと煮たものは
体の中から欲するような、吸引力のある美味しさがあると思います。

2017年 出だしを風邪でつまずいた人多数だったので、
お汁粉を食べながら無病息災を願いました・・


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理