So-net無料ブログ作成

梅ゼリー [冷菓]

母が梅の季節に作った青梅の甘露煮
糖度と酸度が強いので、冷蔵庫に入れておけばかなり長持ちします。
残りわずかとなったもの、最後のゼリーにしました。
IMG_2410.JPG

甘露煮とゼリーの固さが同じくらいに出来ると、
ゼリーの口どけと梅の柔らかさが重なって、口いっぱい梅味が広がります。
IMG_2411.JPG
行く夏というか、行ってしまった夏を惜しんで・・
また来年会いましょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

杏仁豆腐 [冷菓]

この頃、空気の質感も変わり、突然秋の雰囲気になってしまったような。
杏仁豆腐 最後の夏バージョン スイカ入り
IMG_2211.JPG
丁寧に作るなら、シロップを作って、果物缶、生のフルーツを加えるのですが、
いつもは缶汁をそのまま使用。
缶詰も2種類くらい用意してブレンドすると良い塩梅になります。
IMG_2213.JPG
杏仁豆腐は水と牛乳半々の水分を寒天で柔らかめに固めた昔タイプ。
皆、香り系がだめなので、杏仁霜やアーモンドエッセンスは入れません。
食べた後に何の味も残らず、ひんやり感だけが残るという
おうちおやつにぴったりな杏仁豆腐です。

ボウル一杯くらい出来てしまいますが・・
簡単レシピ 杏仁豆腐

粉寒天5g 水600㏄ 砂糖大さじ2 牛乳600㏄

1粉寒天と水を鍋に入れてなべ底をかき混ぜながら沸騰させ
 砂糖を入れて全体を混ぜ火を止める。

2牛乳を注いで良く混ぜ、ボウルに入れて粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やし固める。

3フルーツ缶や果物お好みの物を加えてください!

そして突然ですが、金曜日 お酢のちから最新版
の取材でラジオにでます。
18時10分から20分くらい
J-WAVE GOLD RUSH
J-WAVE(81.3FM)
事前収録ではないので、どうなるのか?不安が大きいのですが、
撮影チーム代表として頑張ります!
後戻り出来ないよう、ここに書いて自分を追い込んでみました。(大げさ)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

丸ごとオレンジゼリー [冷菓]

先日作った丸ごとオレンジゼリー
IMG_2134.JPG
フルーツ店などで買うととってもお高いですが、自分で作ればリーズナブル
値段の高さは手間暇と、保存性がないところだと思います。

まずオレンジを半分に切って、中の実をナイフとスプーンなどを使って
ぐるっと抜き出します。
薄皮をむいて実はあらくほぐしておきます。
こういう細かい作業は子供の方が丁寧にやるので、
暇している子供がいたらやらせましょう。

ゼリー液はいろいろなやり方がありますが、
今回は手抜きをして、100%オレンジジュースに砂糖を入れて沸騰させ、
ゼラチンを入れたものにしました。
そこにほぐしておいたオレンジの実を入れて、オレンジの皮の中に注いで
冷蔵庫で冷やし固めます。
IMG_2136.JPG
いつものオレンジゼリーですが、目先が変わると味もちょっと違って感じるのか
あっという間に完売しました。
何となくだけどオレンジの風味もカップで固めるより増すかなぁ。
IMG_2139.JPG
つるんとしたゼリーの中に、オレンジの実がたまにはじけて
食感と味のアクセントになっています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

珈琲ゼリー [冷菓]

珈琲ゼリー
簡単に出来るものほど奥が深いという例に漏れず
いろいろな作り方がありますが、味も食感もいろいろあります。
自分好みの味と食感を見つける、というか自分で作れるようになるには
かなりいろいろ食べ比べ、作り比べることが必要です。
IMG_1831.JPG
私はコーヒーは細挽きのものを濃いめに落として、
砂糖多めに入れてアガーで固めたものが好きです。
ゼラチンで固めるものは柔らかめが好きですが、
アガーはあのブリッとした食感が良いので固めに仕上げています。
IMG_1832.JPG
生クリームをかけても美味しいですが、最近はまっているのは練乳をかけること。
甘いゼリー+甘い練乳で、ベトナムコーヒー味のゼリーになります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

抹茶ムース [冷菓]

抹茶ムースといっても、生クリームを泡立てずに入れているので、
食感的にはふわっというより、もちっとした感じです。
IMG_1959.JPG
日常おやつなので、以前お菓子教室で使ったレシピより
ぐっと生クリームは減らしています。
口の中ですっとなくなるように、ゼラチン、砂糖も控えめに。
IMG_1961.JPG
ミルキーな抹茶味です。

誰よりも早くご飯を食べ終わった、もうすぐ1歳4か月
IMG_1953.JPG
ご飯を食べ終わった人からデザートを食べられるので、
場所を映して抹茶ムースを食べています。
身長に対してちょっと椅子が低かった・・
この頃は”自分で食べる!”というので、自身に食べさせています。
ボロボロこぼして大変なんじゃないの と多くの人は思うでしょうが
こぼすと食べる分が減るとわかっているからなのか、スプーンですくうのも上手ですし
すくった分は確実に口に入れ、最後の一口まできれいに食べます。
IMG_1954.JPG
時間をずらしてご飯を食べている人がいると、またそれに付き合い、
デザートも付き合うというエンドレスに食べ続けている甥3でした。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

黒豆豆乳ゼリーetc [冷菓]

午前中お菓子教室行いました。
洋梨タルト
ふっくら、つやつやおいしそうに出来ました。
IMG_1944.JPG
お昼
冷やし中華と書きましたが、冷やし担々麺風に近いかな
器を変えてみました。
IMG_1943.JPG

久しぶりに黒豆と豆乳のゼリーを作りました。
IMG_1916.JPG
薄い甘さと、みずみずしさ、豆乳のほのかな香りが”香港”を彷彿とさせます。
以前、豆を使ったアジアンスイーツ本を作るときに、
香港甘味ツアーに行ったことを思い出しました。
IMG_1917.JPG
4日間で、香港の新旧すべての甘味を食べつくし、4日目体の具合は絶不調でしたが、
集中して、系統立てて食べてみると、いろいろ見えてくることもありました・・
暑い時には、こういうみずみずしいスイーツが食べやすいし、
体にもきっと良いのでしょう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

苺ミルクゼリーと紅茶のプリン [冷菓]

最後の頑張りどころ という苺があったので、
牛乳ゼリーに入れて、苺ミルクゼリーにしました。
この時期の苺、とっても甘くて美味しい。
IMG_1860.JPG
苺+コンデンスミルクや 生クリームなどありますが、
牛乳くらいの濃さの方が、苺の風味が良い感じに前面にでてバランス良いかも。
(ただ単に生クリーム使わなかっただけなんですが・・)

アールグレイを濃いめに煮出したものをベースに作った紅茶プリン
IMG_1486.JPG
プリンの良いところの一つに”卵の風味”というのがあると思いますが、
これは卵風味が消えて、後味すっきりなのです。
IMG_1487.JPG
カスタード風味が王道だけど、たまにはちょっと違う物も食べたいよね。
という時に作るプリンでした。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

冷たいもの [冷菓]

ゼリー類 簡単に作れるし、喜んで食べる人がいるので、
何かしら、毎日作っている。

マンゴープリン
IMG_1774.JPG
いろいろと食の好みが分かれる子供たちですが、
これはみんな大好き。
「私が若いころは香港に行かないと美味しいマンゴープリンは食べられなかった・・」
などと言っても、そんなことを聞いている人も理解できる人もおらず。
生のマンゴーからマンゴープリンを作るレシピも多数ありますが、
日本で手に入るマンゴーで、美味しいマンゴープリンを作るのは至難の業かと。
ましてや、本当に美味しいマンゴーだったらそのまま食べたいし。
保育園の連絡帳に、その日に食べた食事を書く欄があり、1歳2か月なのに
毎日「マンゴープリン」と書くのもどうなのか と妹が言っていたので、
アルフォンソマンゴーピューレを使ったマンゴープリンと書いておけば大丈夫。
(香料とか色粉の入っている、よくわからないマンゴープリンではないという事)
と言っておきました(?)

マンゴーばかりも芸がないかと思い、
「バナナプリン」
全景写真を撮る前に食べ始めていました・・
IMG_1787.JPG
1人以外には受けが良くなかった バナナプリン でした。

寒天カロリーアップバージョン
IMG_1530.JPG
これはあまり餡子があった日の大人用で
子供用は寒天と黒蜜のみです。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラズベリーヨーグルトムース [冷菓]

冷凍ラズベリーでラズベリーソースを作り、
それを入れて作ったラズベリームースにヨーグルトムースを重ね、
トップにラズベリーソースを流しました。
IMG_1623.JPG
ラズベリーの果肉でソースを作ったので、柔らかいムースの中で、
やけに種の粒々が気になる仕上がりになってしまった・・
IMG_1626.JPG
結論としてブルーベリーの方が使いやすいし、全体の味もしっくりくるみたい。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カルピスムース [冷菓]

ゼリー系は皆好んで食べるので、カルピスムースを作りました。
ムースと言っても家用なので、生クリームなし、砂糖少なめ、ゼラチン少なめで
カロリー糖分は可能な限りカット
カップの底に少しカルピスを入れてソース代わりにしています。
IMG_1493.JPG
プルるんもっちり、乳酸菌飲料の爽やかさが香るカルピスムースです。
IMG_1494.JPG

これが大好きな甥3(まぁ、食べないものはありませんが・・)
最近のブームは”自分で食べる”です。
IMG_1513.JPG
食に対する関心が高いからか、この年にしてきれいに食べる。
そして、なんでも最後の一粒、一滴まで食べ切る。
ムースを食べた後は、器に残っているソースもすべて飲み干し
ペコリと小さくおじぎをして(ごちそうさまの意味)終わります。
もう少ししたら料理教えてみようかなと思っています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理